がん治療漢方薬

がん医療と漢方薬

医療と漢方薬と聞くと、すぐにこのふたつの
結びつきを見つけるのは難しいかもしれません。

 

ですが、今漢方薬が注目を浴びているんです。
というのも日本の漢方薬は世界的に見ても
品質が高く、実績もあるからなんですね。

 

とりわけ、がんに対する化学療法では副作用の制御が欠かせません。
その対策として漢方薬を用いられる動きが増えているんです。

 

抗がん剤には副作用がつきもの。
その様々な症状に対し、漢方薬が処方されるんです。
例えば、全身倦怠感には人参養栄湯、食欲不振には六君子湯、
骨髄抑制や血小板減少には十全大補湯など。

 

漢方薬の特徴として、西洋薬と異なり複数の効能を
持たすことができることが挙げられます。

 

がん治療では、副作用によって前向きに治療と
向き合う力を奪われてしまうことが多々あります。

 

基本となる体力、免疫力を高めることもでき、
副作用の個別の症状を軽減させることのできる
漢方薬はがん治療にピッタリということなんですね。

 

そして副作用軽減だけではなく、がんの再発予防や、
手術前、手術後の体力維持にも使えるため、
治療のさまざまなシーンで使うことができるのも特徴です。

 

もちろん、勝手に漢方薬を飲み始めるのは
治療のためにもよくありません。

 

きちんと主治医に相談した上で、きちんとした
漢方薬舗を見つけて漢方薬を処方してもらうのが大切。

 

おすすめは症状の聞き取りをしっかり行なってくれる、
カウンセリングが充実した漢方薬舗です。