がん治療,漢方薬

がん治療に使われる漢方薬の特徴

がんの治療で漢方薬を飲むことがあります。

 

がんの治療で抗がん剤は有名です。
手術の後に使ったり、がんをやっつけるのに使ったり。

 

でも抗がん剤はどうしても副作用というイメージが有りますよね。
例えば卵巣がんにつかわれる抗がん剤では、しびれや筋肉痛、
血小板や白血球が下がるなどの副作用があります。

 

副作用がでたときに、処方されることがあるのが漢方薬。
西洋薬でも副作用を予防したり、症状を軽減させる効果の
あるものがもちろんあるのですが、なぜ漢方薬なのでしょうか。

 

それは漢方薬の特徴がポイント。
漢方薬の効果は西洋薬のようにピンポイントではなく、
幅広い症状に効くという特徴があるんですね。

 

がん治療で大切なのは、がんに立ち向かう力。
もちろん、がんの治療は第一ですが、副作用でがんと
闘う力をなくしてしまってはいけませんよね。

 

なので、体力をつける・免疫力を高めるといった
複数の効果が期待できる漢方薬がピッタリなんです。

 

漢方薬が気になるという方は、主治医に相談してみるのが一番。
それから、頼れる漢方薬舗を見つけることです。

 

がんに詳しく、漢方薬にも詳しい…というお医者さんは
少ないのでやはりプロに頼むのが一番です。

 

その際はカウンセリングなど、話をきちんと聞いてくれる
漢方薬舗を選ぶのが良いと思います。